ダイレクトメールには透明封筒を

最近では透明封筒をダイレクトメールに使用する企業がかなり多くなっていますが、透明封筒のメリットの1つには天候を気にすることなくお客様に郵送できるというところです。
透明封筒はビニールでできているため、雨や汚れに強く、中身を安全に保護できることになります。
その他にも透明封筒を使用すれば、中に何が入っているのかが一見して分かるため、ダイレクトメールの開封率が格段にアップすることになります。
特に割引券などが表から見えると開封して取り出したくなることは間違いないでしょう!
さらに紙の封筒に比べると高級感を出すことができるため、透明封筒でダイレクトメールの価値をアップさせることもできるようになります。
特に厚みのある透明袋を利用することで、高級感を出すことができます。
実際にある調査によると、ダイレクトメールを送る封筒を紙封筒から透明封筒に代えると、開封率は明らかに上がり、商品の注文件数もアップしたとのことです。
さらに紙封筒に比べて透明封筒の方がコストもダウンさせることができます。
したがって大量にダイレクトメールを送るような企業では、大幅な経費削減をすることが可能になります。

透明封筒をダイレクトメールの外封筒に利用する時には、お客さんに最も見せたい情報を見せることが重要で、できれば送る相手によってそれを変えることにより、開封率をより高めることができるようになります。
表側に写真やコピーや割引券などを見せることがおすすめになります。
また表面だけではなく、裏面に気を遣うこともダイレクトメールには大切なことで、透明封筒で送られてきたダイレクトメールを受け取ったほとんどの人は、表と裏を確認して、興味がない場合は開封しないままゴミ箱に捨ててしまいます。
しかし表か裏に自分の興味があるものを見つけた場合は、高い確率で開封し中身を確認します。
未開封のまま捨てられないようにするには、封筒のデザインを工夫することも重要で、中身を見たくなるような良いコピーを考えることも大切なポイントになります。
ただの透明より、色やデザインや中身を見たくなるような言葉が見えた方が確実に開封率を上げることができるようになり、そうすると商品の購入率も間違いなくアップさせることができるようになります!